地下鉄今里筋線・鶴見緑地線
「蒲生四丁目」
駅5番出口すぐ

お知らせ・キャンペーン

睡眠時無呼吸症候群でお悩みの患者様へ

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは睡眠時に呼吸が止まり、そのことが原因で日常の生活の様々な障害を引き起こす疾患です。
睡眠中に呼吸が止まる原因には大きく分けて2つありますが、
SAS患者さんのほとんどが上気道に空気が通る十分なスペースがなくなり呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプに該当します。

【代表的な症状】

睡眠中→いびきをかく、呼吸が乱れる・止まる、息苦しさを覚える、むせる、何度も目覚める、熟睡感がない

起床時→口が渇いている、頭が痛い、すっきり起きられない

日 中→強い眠気、だるさ、倦怠感、疲労感

※検査はご自宅にて寝ている間に終了いたします。

※上記の症状はごく一部ですが、症状があてはまる方やご自分では気づかなくても
ご家族や友人に指摘される等がありましたらSASである可能性も考えられます。当院医師にご相談ください。